CGIの開発言語について知っておこう。

CGIの開発言語について
Common Gateway Interface (コモン・ゲートウェイ・インターフェース)、つまりCGIといえば、ホームページ上で閲覧者とのコミュニケーションを取る上で欠かせない存在ですね。掲示板やアクセスカウンター、ショッピングカートなど様々な状況で活躍してくれていることでしょう。このようにHTMLでは手動でなんとかしなくてはならないものを、自動的にやり取りしてくれる便利な存在がCGIなのですね。
そんなCGIですが、実はどのような開発言語であっても使用できるという特徴があります。しかし中にはサーバーに負荷がかかりすぎるといった理由で対応していない言語もあるため、現在使用されている言語は幾つかに絞られています。
その開発言語の中でも最もポピュラーなのがPerlです。Perlはいわゆるスクリプト言語であり、作成や修正が容易であるというメリットがあります。初心者にも扱いやすく、Perl誕生以前に使用されていたシェルなどと比較すると様々な環境で使えたため、多くの人が使用するようになりました。そのためかCGIイコールPerlという認識を持っている方が少なくないですが、あくまでCGIはCGIであり、Perlはそれの開発言語のひとつにすぎないということを理解しておく必要があります。
ではPerl以外に使われている言語はないのかというと、勿論そうではありません。例えばC言語はPerl誕生以前から使用されており、いまでも使用しているのを見ることができます。
最近ではRubyやPythonなども見かけるようになりましたし、ちょっとしたWeb動ページで活躍するPHPなども人気を博しています。
CGIを勉強する際には開発言語について考えてみるのも良いかもしれませんね。